ウソから出た過ち

ウソから出た過ち

当時私が30代前半のころ、勤めていた会社にアルバイトとして来ていた、若い女の子数人がいました。
中には可愛いと思うような子もいましたが、私自身結婚もしていましたし、基本的にそれほど気にも留めていなかったのです。
そのアルバイトの女の子の中に1人だけ、垢抜けない、決して美人とは呼べない20歳の女の子がいました。
その子は背は小さく大きなメガネをかけていたので、私は有名なアニメのキャラクターに因んで『アラレ、アラレ』と呼んでは、からかって遊んでいました。
そのうち私も、段々からかうのがエスカレートしていってしまい、終いにはその気も無いのに『アラレも仕事を一生懸命してる姿は可愛いな』と同僚に漏らすようになっていきました。
それからは、事あるごとに『アラレは可愛い』『アラレはいい』と言うのが、私の定番の台詞みたいになっていきました。
私がそう言う事によって、同僚たちがウケていたので私も調子に乗っていました。
そんな時、会社の忘年会でアラレと隣り合わせの席にさせられ、アラレに『本当に私のこと可愛いと思ってくれてるの?』と小声で聞かれ、
全部ウソだとも言えず、本当だと伝えると、忘年会が終わったら送ってと、耳元で囁かれました。
後は、流れでしばらく付き合わざるえませんでした。
今思うと、本当にバカなことをしたと思います。

みんな!デートクラブ必勝パターンを見つけてしまったオ

このバーを新宿でオススメしている口コミ。「9259」

東京 風俗 求人

梅田風俗ここ